ペットに纏わるエトセトラ!犬や猫を飼いたい方にこんな方法も!!

Pocket

皆さんこんにちわ。

今週はまた暑くなりそうですね。

皆さんお元気ですか?

ウイング警備事業部のうめです。

本日はですね、いつもの警備関係のお話ではなく

うめのつぶやきシリーズです。

犬猫さんに纏わるアレコレを書きたいと思いますので

ご興味のある方はどうぞお付き合い下さいませ。

私は、普段から自分の手に納まる範囲で

野良猫さんの保護だったり

犬猫さんの里親会のお手伝いだったりをしています。

ペットショップでの販売や

ブリーダーは何れ法律で禁止にしてねと思っています。

ですが・・・

捕鯨反対なんちゃらとか、何処かの動物愛護団体に所属してるとかではありません。

なのでどうぞ凄く気楽な感じで

敷居がとても低い感じで

読んで頂けたらなあと思います。

 

これから犬猫さんを家族に迎えたいなぁ

と考えていらっしゃる方へお伝えしたい事があります

ペットを飼いたいなぁと思ったらペットショップ以外の選択肢もあるよ~!

これを是非お伝えしたいです!

区や市のホームページには「譲渡可能」と書いてある

犬猫さんの写真が載っています。

それは動物愛護センターに持ち込まれた子達や保護された子達です。

獣医さんが病気の有無等を調べて健康管理もして下さっています。

お近くの動物愛護センターや地域の「里親会」では

直接触れ合いの場を設けているところも多いので

此方も是非調べてみて下さい。

私のように、個人で里親さん探しをしている方々は

里親探しサイトにもお世話になっています。

ペットのおうち」や「いつでも里親募集中」で検索すると

沢山の犬猫さん写真がありますよ。

センターでも団体さんでも

お試し期間(トライアル)を2週間程度設けているところが殆どです。

御家族との相性はどうか?

生活の変化はどうか?

この期間にどうしても上手くいかないようならお返しする事も出来ます。

覚悟を決める準備期間があり

これで、ペットショップから勢いで買って来ちゃって

飼いきれずに保健所へなんていう悲惨な事態を避ける事も出来ますね。

 

保護活動を知るきっかけは

以前、私が看護師をしていた時の患者さんの御家族からのご相談でした。

高齢のその患者さんは、おひとり暮らしで

入院中に4頭のママ猫さんから10数匹の子猫ちゃんが産まれて

そこに更に野良猫さんも交り大変な事になっている

これ全部保健所に持ってって貰おうか・・・

どうしようか・・・

というご相談でした。

知識の全くなかった私は

猫好きの看護師さん達に相談して

どれどれと一緒に見に行ったわけです。

今で言うところの「多頭飼い崩壊」でした。

さて、どうしようか・・

まず自分が正しい飼い方を学ぶところから始まりました。

私は東北のもの凄い田舎で育ちました。

昭和のド田舎に適正飼育だとか

完全室内飼いだとかそんなものはない!(笑)

動物病院で看護師さんに様々教えて頂き

里親さん探しのほうもネットで調べながら本当に手探り状態で

コツコツ1匹ずつ里親さんのところに届けていきました。

ご近所の里親会さんにもとてもお世話になりました。

みんなに無事に新しいお家が見つかり

その後もその時お世話になった皆さんへの恩返しのつもりで

少しだけ里親さん探しのお手伝いを始めました。

殺処分の実態や

虐待の凄惨さ

あ~知らなければ良かった

知りたくなかったと落ち込む事もありました。

救えない命が多すぎて、考えるとイヤになるから

目の前のこの仔猫、出逢ったこのわんちゃん

あの時のように、1匹ずつ、1匹ずつ幸せになりますようにと思って来ました。

保護活動に携わっている方々、団体さん、一時預りのボランティアさん

皆さんそんな気持ちで里親さんを待っているんだろうなぁと思います。

 

動物を飼うっていうのは

UFOキャッチャーのぬいぐるみとは訳が違います。

当たり前なのだけど。

想像だけだとなかなか実感が湧かない方も多いのではないでしょうか。

そんな貴方は是非トライアルで助走して下さい!

食べさせて、育てて、病気の時はお世話をして。

イタズラだって、お漏らしだって、それはそれは迷惑極まりない出来事もあります(笑)

そしてその何千倍、何万倍の素敵な出来事が待っていますよ。

例えばですね

朝、顔の上に乗って来て窒息しそうになるとか

舐められ過ぎて鼻が赤剥けになるとかね(笑)

皆さんに素晴らしい出逢いがありますように。

読んで頂いてどうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です