子育て中のママさんも活躍中!女性がバイト感覚で警備員をやる時代

Pocket

皆さんこんにちわ。

皆さんがお住まいの地域のお天気は如何でしょうか?

まだ地震や大雨の影響が残っている地域の皆さんは

どうぞくれぐれもお気をつけて下さいね。

早めの対策でご安全にお過ごし下さい。

 

如何お過ごしですか?

ウイング警備事業部のうめです

 

今回はですね

昨今、警備業界でも進出が目立つ「女性警備員」についてお話ししようと思います。

一昔前はあまり女性の警備員というのは見られなかったんですが

時代が変わるとともに、街中では制服に身にまとい

誘導棒や紅白の旗を持った女性の姿が目立つようにもなりました

それも20代そこそこの若い女性から、年配の女性の方まで様々です。

こういった背景には私うめもホント、嬉しさを隠せません。

これからもどんどん女性の活躍の場が広がっていけばいいなぁと思っています

誘導棒を持った女性警備員

 

ということで今回のお題は・・・

●女性が警備員をやるって大変じゃないですか?向いてる女性とそうでない女性の違いは?

●警備員として女性が働く場合に女性用の制服とか靴とかって支給してもらえるものですか?

●女性警備員が夜勤の仕事をする場合、大変な事って?

 

このように、女性が警備員という職業を選択するにあたり

様々な不安や疑問をお持ちでいらっしゃるかと思います。

女性警備員って実際どう?

女性がやるとなるとやっぱり大変なんじゃない?

この辺りのご質問にお答えする記事になっています。

 

ジェンダーフリーを掲げる会社が

女性だ男性だと語るのはちょっとアレですが

女性からの

「こんな事が心配!」

「こんな時は?あんな時はどうしてるの?」

というご質問は結構多かったりします。

その答えは男女問わずご参考になるかと思いますので

皆さんどうぞお付き合い下さいね。

 

女性が警備員をやるって大変じゃないですか?向いてる女性とそうでない女性の違いは?

警備員さんのお仕事内容は

基本的に男女の区別はありません。

以前「警備員の仕事ってどうよ?実際キツイの?それとも楽なの?」でお伝えしたように

日焼け他、それを大変と思う方には大変なお仕事だというのは

男性でも女性でも同じですね。

 

ココで、ちょっと警備業務についての記事をおさらいです。

警備には「種別」があり1号警備~4号警備に分けられます。

どの種類の警備をやりたいか?

面接を受けようと思う会社はその種類の警備をやっているかどうか?

よく調べてから面接に行くことでしたね。

「警備員のお仕事」は多岐に渡り警備会社も沢山あります。

「こんなはずじゃなかった」がないよう

事前によ~く吟味しましょうね。

 

女性の希望として多い事柄が

「日焼けは絶対イヤ!」

「室内限定!」

というのがありますが

ざっくばらんに言ってしまうと

道路現場での交通誘導・イベントなどの雑踏警備で叶えるのはなかなか難しいです。

例えば、今はショッピングセンターやマンション警備などの施設警備で

女性のみの警備隊があったりもします。

屋内なので日焼けの心配はありませんね。

女性ならではのお着替えやおトイレ問題についてですが

屋外であってもコンビニやスーパーをお借りする事が出来ますので

私の経験上ではそこまで困った事はありません。

ただ、日焼けOKで着替え場所なんか気にしない男っぽい人だけが

このお仕事に向いているかというとそうではありません。

良い日焼け止めも沢山出ていますしね。

バリバリ交通誘導してる細やかで女性らしい女性も意外に(笑)多いのです。

向き不向きな性格についてはこれも私の経験上

警備員さんは別に大人しくても、お話し下手でも何でも大丈夫と思います。

性格より何より、シフトが自由に組める

この一点だけでも子育て中のママさんにはホントにお薦めのお仕事だと思います。

どんなお仕事でもそうだと思いますが

お仕事に真摯に向き合う姿勢

そして出来れば笑顔で頑張ろうねと思える方は長く続くなぁとうめは感じています。

 

警備員として女性が働く場合に女性用の制服とか靴とかって支給してもらえるものですか?

基本的に警備会社では

全ての制服装備品は支給されます。

男女で制服に違いがあるかどうか?

これは其々の会社によって異なりますね。

男性はスラックス、女性はスカートのところもあり

capや靴が違う会社もあります。

事前に知っておきたい方は面接前にお問い合わせをすると良いかと思います。

 

ちなみにうちの会社では男女の違いはなく全て男女兼用です。

それで何事か支障があった事はないですね。

靴の形は其々お好みがあると思いますので

色指定だけで、カタログの中から選んで頂けますよ。

 

女性警備員が夜勤の仕事をする場合、大変な事って?

現場よっては、日勤は大歓迎だけど

夜勤では女性NGというところもあります。

予め男性警備員でというご指定ですね。

特にひとりでの夜勤に女性警備員が行く事は、まずないかと思います。

 

例えば、うちの会社では

殆どが複数人数での夜勤現場なので

男女の区別は設けていません。

夜勤ならではのコレが大変あるあるは「始発待ち」(笑)

時間よりだいぶ早く終わってくれたのは嬉しいけれど

始発までまだまだ・・・という事が時々あります。

うちの警備員さん達はみんな仲が良いので

ファミレスでお茶しながら待ってたりします。

こういうのが苦手・・・という方はバイク通勤、自転車通勤を面接時にご相談下さいね。

 

 

如何でしたでしょうか?

女性の方を含めて、男性の方もちょっとは参考になりましたでしょうか?

他にも何か「こんな事が知りたい!」「あんな事はどうなの?」

不慣れなお仕事を始めるのって、どなたにでも不安や悩みや疑問がつきまといます

どうぞ遠慮せずに、是非うめ宛てにメールでも下さいね。

どんな些細な事でもお応えしていきますよ~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です