警備会社の指導教育責任者って何?その資格は取得するのが難しいの?

Pocket

暦の上では「残暑」ですが・・・

まだまだ猛暑日が続いていますね。

ゲリラ豪雨など急な天候の変化にも充分気をつけましょうね。

 

如何お過ごしですか?

ウイング警備事業部のうめです

 

さて、今回はですね

警備員指導教育責任者」についてお話します。

「警備員指導教育責任者」は一般に「指導教」や「指教」、「指教責」などと呼ばれています。

交通誘導警備や雑踏警備の1級、2級資格と同じように

警備員さんが憧れる、または取得出来る国家資格です。

私は、就職説明会などで

「警備のお仕事は、日雇い肉体労働ではなく、手に職系のお仕事ですよ!」と説明していますが

その理由のひとつがこの資格です。

ということで今回のお題は・・・

●一般の警備員さんとお給料は違いますか?

●警備員指導教育責任者の試験は難しいの?合格率は?

 

どうしたらこの資格が取れるのか?

そもそもこの資格を取ったらどんなお仕事が出来るのか?

その辺りを書いていきますので是非お付き合い下さいね。

 

一般の警備員さんとお給料は違いますか?

警備員指導教育責任者】の主なお仕事は

「警備員の指導・教育計画書の作成と実施」です。

具体的にお話すると

新任教育や現任教育での先生役ですね。

現場に出て指導、教育を行うのも大切なお仕事のひとつです。

それに伴う諸々の書類作りもあります。

気になる収入面ですが

これは其々の警備会社によって幅があります。

警備会社の営業所の区分(1~4号)ごとに1名の選任者を置くという決まりがあるため

この「選任者」であるかそうでないか

それから、警備員指導教育責任者としての経験年数などでもお給料は違いますが

一般的に新人さんでも月収30万以上と考えて宜しいかと思います。

素敵な事に、この資格があると警備業者として独立する事が可能です。

いずれ経営者に!も夢ではない、将来性のある資格ということですね。

 

 

警備員指導教育責任者の試験は難しいの?合格率は?

これから警備員指導教育責任者になろうとする方の資格取得のための条件は

次の何れかに該当する方です。

 

①警備員検定1級合格者

②警備員検定2級合格者で合格後に継続して1年以上警備業務に従事している

③最近5年間に警備業務に従事した期間が通算3年以上である

 

約1週間の講義の最終日に最終考査(試験)があり

合格率は8割前後です。

この8割を高いと見るか、低いと見るかですが・・・

私が試験を受ける前

大先輩の選任者の方から

「講義を聞いていればテストは楽勝と言って送り出す会社は間違ってる!

1週間しっかり勉強しないと合格出来ないよ!」と言われました。

これは大変貴重なアドバイスで

やっぱりテストは難しかったですし

真面目に講義を聞いて、真面目に復習、問題集もしっかりやる!

もの凄く当たり前の事ですが

ちゃんとやればちゃんと結果は付いて来ますね。

 

如何でしたか?

どんな資格でもそうだと思いますが合格してからが本番です。

人に教えてそして理解してもらうって本当に大変・・・

日々勉強、日々反省。

次はこうしよう!いずれこうなろう!という

向学心や好奇心みたいなものが強い方にはとても向いている資格、職業だと思います。

いつか資格取ってみようかなあと思って下さった方が少しでもいらっしゃったら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です