警備員の仕事ってやっぱり体力がないと厳しいの?

Pocket

漸く涼しい風が吹く日もあり

暑さも和らいで来る時期ではありますが

まだ時々猛暑日予報もありますね。

季節の変わり目なので引き続き体調に注意しましょうね。

 

如何お過ごしですか?

ウイング警備事業部のうめです

さて、今回はですね

結構、周りからは警備員という仕事は辛い

大変という目で見られがちではありますが

警備員は体力勝負って本当?!

体力がないとやっぱり無理かしら?

面接前の段階や、面接時にこのようなお声をよく聞きます

そんな心配の声に応える記事を書いてみますね。

体力がないよ

ということで今回のお題は・・・

●警備員の仕事ってやっぱり体力がないと厳しいの?

 

まぁ、自称「体力に自信がないと思われてる方」も

バリバリ体育会系な方も

どうぞ宜しくお付き合い下さいね。

 

警備員の仕事ってやっぱり体力がないと厳しいの?

屋外業務をされてる警備員さんを見て

よく誤解される事もありますが

警備員の仕事は肉体労働ではありません。

70代の大ベテランさんも活躍出来るお仕事ですからね

年寄り警備員

普通の体力、普通に健康であれば何方でも出来るお仕事です。

 

でも・・・

体力が全くなくてもOKですよ~と断言は出来ません。

 

普通の人でも猛暑日などは電車で移動するだけでもしんどいなあと感じますよね?

学生時代に野球やサッカーなど屋外での運動部の経験がある方だと

暑さ寒さのイメージがつきやすいようですが

運動部経験もなく、今までのお仕事もデスクワークしか経験がない方などは

特に、屋外でのお仕事に直ぐ体が適応出来なくても当たり前だと思います。

 

例えば警備の仕事に就いてみようかなぁとお考えであれば

屋内の施設警備から少しずつ体を馴らしていこうというのもひとつの手ですし

試しに2~3日交通誘導の道路現場に出て様子を見てから

今後の現場を相談するというのもありですね。

 

また、立ち仕事の多い警備員さんですが

重い荷物を持ったり

階段をかけ上がったりするような事はありません。

でも、基本的には立ち仕事なので

その辺りをご心配になる方もいらっしゃいますね。

 

どうしても座って仕事したい!という方は

警備会社と現場をよくよく吟味すると

座って出来るお仕事で例えば

動きの少ない駐車場のガードマンBoxや

施設の入出者管理業務などが見つかるかもしれません。

 

同じ立ち仕事であっても

現場によっては時間が短かったり

休憩時間が多かったりもしますので

私の経験上ではそこまで深刻に考えなくても大丈夫かなあとは思います。

ただ、心配事をそのままにして現場に入るのは宜しくないので

面接の時にでも

「立ち仕事未経験だから心配」

とお話頂くのが一番良いかなと思います。

さくっとお話頂ければ

それなら最初はこの現場から・・・など

何か会社が出来る事を探しますしね。

後々のためにも、最初からざっくばらんに何でもお話頂くと良いかと思いますよ。

 

如何でしたか?

新しいお仕事を始めようとする時は

体力の事に限らず

何方でも大なり小なり心配事は付きものだと思います。

私たちはメールでのご質問も受け付けていますので

どうぞ気楽に何でも聞いて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です